Search this site
東京・御茶ノ水の写真専門ギャラリー、gallery bauhaus(ギャラリー・バウハウス)のスタッフによるブログです。
井津由美子写真展『ICARUS』 BGMは、、、

急速に冷え込み、しとしと雨の続く日々

こんな時こそ じっくり写真と向き合う最適な時です。

 

BGMにはジョージ・ウィンストン『AUTUMN』

何度でも

お待ちしております。

posted by gallery bauhaus | 16:17 | 井津由美子写真展 | - | - |
井津由美子さんご在廊日のお知らせ

先週9/30()、第2弾ギャラリー・トークは

ゲストに写真家でオルタナティブ・プリント講師の猪股良文さんをお迎え致しました。

 

 

 

第一弾ギャラリー・トークとは反対に

男性率・写真界のプロ率高め。

 

 

 

お二人がコラボレイトされた展示作品について、

なぜ今オルタナティヴなのか、その楽しさ、

由美子さんが今後撮りたいもの、

写真家夫婦のエピソード・・・

軽快・満載・濃い目の一夜でした。

 

 

聞き逃してしまった方々への朗報です。

10/12()14()17()井津由美子さんご在廊。

これがラストチャンスです。

お待ちしております。

posted by gallery bauhaus | 14:59 | 井津由美子写真展 | - | - |
今週土曜日は井津由美子ギャラリー・トーク第二弾開催!

今週土曜日は井津由美子ギャラリー・トーク第二弾、

ゲストに写真家でオルタナティブ・プリント講師の猪俣良文さんをお迎え致します。

まだ御予約受付けております!

http://www.gallery-bauhaus.com/top.html

 

今回のエントランスはこちら。

キュートなマスコットがお迎え致します!

お待ちしております。

posted by gallery bauhaus | 18:24 | 井津由美子写真展 | - | - |
ギャラリー・トーク第二夜は9/30開催!

先週よりスタート致しました井津由美子写真展「ICARUS イカロス」

先週9/16()、第1弾ギャラリー・トークは

ゲストに小説家の小手鞠るいさんをお迎え致しました。

 

 

写真家と小説家の共演。

普段は男性のお客様が多いのですが

先日は圧倒的に女性が占める華やかな一夜となりました。

 

 

左は小手鞠さんの文章が添えられた井津由美子写真集『RESONANCE』。

中央Flowerは旦那様である井津建郎さんから由美子さんへ。

右は小手鞠さんの新刊『星ちりばめたる旗』。

書出しから写真展「ICARUS」との共通点満載の作品は

2時間程で完売!

 

 

そして、今週再入荷。

 

 

2弾ギャラリー・トークは

9/30()写真家でオルタナティヴ・プリント講師の猪俣良文さんとの対談です。

由美子さんの生みだす美しさの秘密を

違う角度から また少し覗いてみましょう。

詳細・ご予約はこちら↓

http://www.gallery-bauhaus.com/top.html

ご予約お待ちしております。

posted by gallery bauhaus | 13:59 | 井津由美子写真展 | - | - |
次回 井津由美子写真展『ICARUS イカロス』開催のお知らせ

5/25(木)より開催しておりました写真展『LIFE 写真のある生活』

最終日を迎えました。本日も19:00まで営業しております。

是非お越し下さい!

 

次回展示とギャラリー・トークのお知らせをさせて頂きます。

9/13(水)より井津由美子写真展「ICARUS イカロス」を開催致します。

空っぽの鳥の巣や残された羽根を見ていると、私の胸には、かつてそこに存在していた生と死の痕跡が色濃く迫ってくる。親鳥が与えるエサを無心に食べてたくましく成長するひな鳥たち。外敵に襲われて命を落とすひな鳥たち。孵る卵と孵らない卵、飛び立つひなと死んでいくひな。一歩足を踏み外すとギリシャ神話のイカロスのように真っ逆さまに落ちてしまう、生と死の境界線はかくもか細く危うい。私はその危うさを、対象に宿る命の記憶を写し取りたいと思った。

井津由美子


マンハッタンからニューヨーク北部のアップステイトに移り住んだ作者が、

周囲の豊かな自然から多くのインスピレーションを受けて生まれた「ICARUS 」シリーズ。
11x14インチの大型カメラと、

カメラを使わないフォトグラムという手法で制作されたモノクローム

(プラチナ・プリントとサイアノタイプ・プリント)作品約25点を展示。

*同時開催「Secret Garden」(一階展示室)
2003年より7年に渡り花をモチーフに制作したシリーズ「Secret Garden」。
2014年に当ギャラリーで国内初披露となる写真展を開催し、大きな反響を呼びました。
その「Secret Garden」より、未発表作品を展示致します。
モノクローム(プラチナ・プリント)作品、約15点を展示


【ギャラリー・トーク】
【第一回】井津由美子×小手鞠るい(小説家)

日  時 /2017年9月16日(土)19:00〜 (当日は18:00閉廊、18:30より受付開始)
参加費 / 2,000円

【第二回】井津由美子×猪股良文(写真家、オルタナティブ・プリント講師)
日  時 / 2017年9月30日(土)19:00〜 (当日は18:00閉廊、18:30より受付開始)
参加費 / 2000円

 

詳細・ご予約はこちら

http://www.gallery-bauhaus.com/170913_izu.html

たくさんのご来廊心よりお待ちしております。

posted by gallery bauhaus | 11:00 | 井津由美子写真展 | - | - |
『LIFE 写真のある生活』出展作品より

『LIFE 写真のある生活』出展作品より

広川泰士『Mt. Fuji Timescapes』

この景色をみることが出来るのも残りわずか。

今週土曜日で終了致します。

最終日も19:00までの営業です。

 

posted by gallery bauhaus | 15:29 | LIFE展 | - | - |
『LIFE 写真のある生活』出展作品より

『LIFE 写真のある生活』出展作品より

榎本敏雄『桜』(2016年)

和紙によるPlatinum Palladium Printは

水墨画も想わせる仕上がりに。

幻想的な桜の世界です。

 

今週土曜日までの開催です。

 

posted by gallery bauhaus | 13:21 | LIFE展 | - | - |
『LIFE 写真のある生活』出展作品より

『LIFE 写真のある生活』出展作品より

井津由美子「Pocket Watch」

(ソール・ライターのアトリエ、2013年)

生前のソール・ライターを知る作者が撮るプライベート空間。

 

今秋9月13日(水)より約3年ぶりとなる井津由美子写真展開催予定。

新シリーズのお披露目です。

posted by gallery bauhaus | 11:00 | LIFE展 | - | - |
『LIFE 写真のある生活』出展作品より

『LIFE 写真のある生活』出展作品より

井津建郎『ALLAHABAD』(2013年)

壮大で穏やかな光に満ちた作品は

14×20インチの大型カメラを使って「インド」シリーズ後期に撮影されたもの。

おそらく最も現在の自分らしい作品だと作者は語ります。

 

posted by gallery bauhaus | 11:00 | LIFE展 | - | - |
『LIFE 写真のある生活』出展作品より

『LIFE 写真のある生活』出展作品より
三好耕三『When the White Bird Fly』(1979年)


7/29(土)までの開催、残り2週間の展示です

posted by gallery bauhaus | 11:00 | LIFE展 | - | - |
カラースクロールバー