Search this site
東京・御茶ノ水の写真専門ギャラリー、gallery bauhaus(ギャラリー・バウハウス)のスタッフによるブログです。
ギャラリー・トーク開催決定! 小瀧達郎×陣内秀信

小瀧達郎写真展にあわせたギャラリー・トークの開催が決まりました。
是非ご参加下さい!



【ギャラリー・トーク】
「迷宮都市ヴェネツィア」
小瀧達郎(写真家)×陣内秀信(建築史家)


ゲストに建築史家の陣内秀信氏をお招きして、ギャラリー・トークを開催いたします。
陣内氏はヴェネツィア建築大学に留学後、ヴェネツィアに関する多数の著書を出版、
ヴェネツィアと江戸・東京(戦前の)が水の都であったことを論じた
『東京の空間人類学』でサントリー学芸賞を受賞しました。
写真家と建築史家、二人のヴェネツィアとの出会い、想いなど交えながら
迷宮都市ヴェネツィアの魅力を存分に語っていただきます。


日時 / 2020年1月18日(土) 19:00〜
(当日は18:00閉廊、18:30より受付開始)
参加費 / 2000円

 

mailもしくはお電話にて要予約。
mailの際はお名前・ご住所・お電話番号を明記のうえ、送信して下さい。
後日、スタッフより予約確認のmailをお送りさせて頂きます。


http://www.gallery-bauhaus.com/top.html

 

posted by gallery bauhaus | 13:29 | 小瀧達郎写真展 | - | - |
小瀧達郎ヴェネツィア展、始まっております!

11/20より『gallery bauhaus 2019 ヴェネツィア年』の第三弾として、

小瀧達郎写真展「LABYRINTH 水の迷宮 ヴェネツィア」が始まりました。

 

gallery bauhausのオーナー小瀧による展覧会であり、
ヴェネツィア年のフィナーレです。

作品数からも作品力からも、
小瀧の情熱を存分に感じて頂けるかと思います。

 

被写体も幅広く、使用カメラとレンズによって表情が全然違うので、
まるでヴェネツィアを実際に訪れて、
様々な場面に遭遇しているかの様な感覚になります。

 

路地に入ってみたり、美術館を巡ったり、
カフェで休憩したり、現地の人達と出逢ったり。

 

BGMにはサン・マルコ広場で収録された楽団による演奏が流れており、
ますますヴェネツィアにいる様な気分にさせてくれます。

 

小瀧の目が切り取った美しいヴェネツィア散歩、
贅沢な空間を是非お楽しみ下さい!

 

そして今回は作品を2点以上お買い上げのお客様を対象とした
特別価格をご用意しております。

 

1点だけ購入するのと、2点以上購入するのでは、
作品の選び方が変わってくる方が多いのではないでしょうか。

 

どんなお客様がどんな作品を選ばれるのか、
スタッフ目線で今からとても楽しみです。

飾りやすいと評判な正方形額の作品も、
ヴェネツィアの新作が並んでおります。
小瀧ファンの皆様、是非チェックしてみて下さい!

 

沢山のご来廊お待ちしております。

posted by gallery bauhaus | 18:00 | 小瀧達郎写真展 | - | - |
お知らせ

明日11/23(土)は「勤労感謝の日」による祝日の為、

休廊とさせて頂きます。

 

小瀧達郎写真展 「LABYRINTH 水の迷宮 ヴェネツィア」より

2019年撮影

posted by gallery bauhaus | 11:00 | *休廊のお知らせ* | - | - |
次回 小瀧達郎写真展 『LABYRINTH 水の迷宮 ヴェネツィア』のお知らせ

9/4(水)より開催しておりました
田所美惠子写真展 『VEDUTA 針穴のヴェネツィア』
ついに本日が最終日です!
田所美惠子も一日在廊しております。是非お越し下さい。

 

次回展示のお知らせをさせて頂きます。

11/20(水)よりgallery bauhaus 『2019 ヴェネツィア年』 Vol.3
小瀧達郎写真展 『LABYRINTH 水の迷宮 ヴェネツィア』
を開催致します。

ヴェネツィアの魔法にかかった作者が14年ぶりにヴェネツィアを訪れ、
ライカにモノクローム・フィルムを詰めて挑んだ渾身の作品展です。
撮影には2016年〜2019年の4年間をついやしました。

 

モノクローム(ゼラチン・シルバー・プリント)作品65点を展示。

 

詳細はこちら

http://www.gallery-bauhaus.com/191120_kotaki.html

沢山のご来廊心よりお待ちしております。

posted by gallery bauhaus | 11:00 | 小瀧達郎写真展 | - | - |
田所美惠子展は来週の土曜日までです。

9/4から始まりました田所美惠子写真展 『VEDUTA 針穴のヴェネツィア』

いよいよ来週の11/16(土)までとなりました。

展覧会の間に、季節もすっかり夏から秋へと変わりましたね。

↑ こちらの作品、水面の左側にうっすらと
水上バスが写っているのがお分かりになりますか?

 

田所さんの針穴写真からは
「瞬間」というよりも、「時間」が感じられます。

 

長い露出時間が必要という事はもちろんなのですが、
私は一つ一つの作品を見ていると、
田所さんが撮影する景色を一人で歩き回って探して、見付けて、
針穴カメラを置いている姿が目に浮かんで、
その時間が何とも愛おしく感じてしまいます。

 

機能的なカメラやテクニックが溢れている今の時代で、
お菓子や紅茶の可愛らしい缶で手作りしたカメラで、
こんなにも人を惹きつける作品を生み出されているという事。

 

針穴カメラが写真機の原点という事もありますが、
写真本来の本質的な価値というものを、
改めて気付かせてくれる作家さんだと思います。

 

田所さんは主にパリとヴェネツィアを撮影されています。

昨年もbauhausでパリ作品の個展をされたのですが、
一年以上経っても、その時の作品を覚えて下さっているお客様も多く、
田所さんと驚きつつも、大変嬉しく感じております。

今回、展示はしておりませんが、
パリ作品のオリジナル・プリントもギャラリー内にご用意しております。
昨年の展覧会には出展していなかった作品もございます。

 

購入をご検討されているお客様がいらっしゃいましたら、

是非お気軽にお声かけ下さい。

 

田所さんの在廊日時も随時ホームページで更新しております。

沢山のご来廊、お待ちしております。

posted by gallery bauhaus | 15:46 | 田所美惠子写真展 | - | - |
10/19 田所美惠子ギャラリー・トーク

先週10/19(土)は田所美惠子ギャラリー・トーク
「小穴の魔法」が開催されました。

 

台風による急な日程変更にも関わらず参加して下さった皆様、
誠にありがとうございました!

私も初の試みで、聞き手のようなスタイルで
司会進行役を務めさせて頂きました。

 

基本的な針穴カメラの仕組みや撮影方法のお話から始まり、
針穴カメラとの運命的な出会いや、パリ生活の頃のお話など、
田所さんならではのオリジナリティーあるエピソードを
沢山お聞きする事ができました。

 

いつも様々なお客様がお越し下さるbauhausですが、
せっかく足を運んで頂けたのなら、写っているものや構図だけでなく、
是非プリントや印画紙をじっくりと見て頂きたいです。

 

モノクロ写真とはいえ、作品の中には沢山の色があったり、
質感も様々だという事を感じて頂けるかと思います。

 

特に田所さんは撮影よりもプリント作業の方がお好きという方です。

カメラをご自身で作る所から始まっているので、
本当に最初から最後まで手作りでこだわられています。

 

他の写真家さんにも言えることですが、
時代の流れで印画紙の種類も少なくなっている中、
納得のいった貴重な印画紙を大事に使い、
一枚一枚、真剣にプリントされています。

 

写真家さん達のこういった姿勢に、
スタッフとして働きながら感動してしまう事が多々あります。

今回の田所さんの作品で私の大好きな所は、
やはりヴェネツィアならではの水辺の表情です。

 

やわらかく透き通るような水面のグラデーションや、
ピタッと止まっている建物と対象的に、水面に浮かんだ船の揺れた残像が、
絵の様な美しい世界を作り出しています。

 

本当に針穴写真ならでは、田所さんならではの作品だと感じさせられます。

 

田所美惠子写真展 『VEDUTA 針穴のヴェネツィア』
11/16(土)までの開催です。

 

残り一ヶ月を切っておりますので、どうぞお見逃しなく!

posted by gallery bauhaus | 15:00 | 田所美惠子写真展 | - | - |
お知らせ

10月22日(火)は「即位礼正殿の儀」による祝日の為、

休廊とさせて頂きます。

 

田所美惠子写真展 「VEDUTA 針穴のヴェネツィア」より

2019年撮影

posted by gallery bauhaus | 14:14 | 田所美惠子写真展 | - | - |
田所美惠子展、好評開催中です!

皆様、台風の影響は大丈夫だったでしょうか?

bauhausは穏やかに営業を再開しております。

現在開催中の田所美惠子写真展 『VEDUTA 針穴のヴェネツィア』
11月16日(土)までで、あと一ヶ月間となりました。

 

針穴カメラと田所さんが生みだした、独特の静かでやわらかな雰囲気に
沢山の方が心和まれている様です。

 

家に帰って田所さんの作品が待っていてくれたら、
ホッと安心してしまうだろうなと思います。

 

田所さんご本人もギャラリーによく来て下さっています。
作品や針穴写真にご興味のある方は是非お話されて下さい。
在廊日時は、bauhausのホームページで随時更新しております。

私はアート作品自体はもちろんなのですが、
特にアーティストの人生が大好きで、
よくそんな映画を観たり、縁の地を訪ねたりします。

 

作者の人柄や生き方を知ると、
作品の世界をより深く感じれる様になったり、
距離がグッと近くなって、想い入れも増しますよね。

 

田所さんは本当に上品で、素直で、可愛らしくて、

柔軟な強さもある、とっても素敵な方です。

 

そんな田所さんの人としての魅力が、
作品にもそのまま現れていると感じます。

 

今週10/19(土)には、田所さんのギャラリー・トーク、
「小穴の魔法」が開催されます。

田所さんの作品と人柄の魅力を感じて頂ける、大変貴重な機会です。

 

開催日が先週の台風で一週間延期となり、
ご都合がつかなくなってしまった皆様、誠に申し訳ございません。

 

まだご予約を受け付けておりますので、
ご興味のある方は是非ご参加下さい!

posted by gallery bauhaus | 14:55 | 田所美惠子写真展 | - | - |
10/12(土) 臨時休廊のお知らせ

10月12日(土)は台風19号の影響に伴い、臨時休廊とさせていただきます。
皆様、どうかお気をつけてお過ごし下さい。


田所美惠子写真展『VEDUTA 針穴のヴェネツィア』は
11月16日(土)まで開催しております。

田所美惠子写真展「VEDUTA 針穴のヴェネツィア」より
1995年撮影

posted by gallery bauhaus | 12:13 | 田所美惠子写真展 | - | - |
※田所美惠子ギャラリー・トーク開催日変更のお知らせ※

10月12日(土)に開催を予定しておりました
田所美惠子のギャラリー・トークでございますが、
当日、台風19号が関東地方を直撃との予報が出ております。

つきましては大変恐縮ですが、開催日を
翌週の10/19(土)に変更させて頂く事となりました。
開催時間その他の変更はございません。

既にご予約頂いているお客様のお申込みはそのまま残させて頂きますが、
日程のご都合がつかず、キャンセルされる方のみご一報頂けますと幸いです。

大変ご迷惑をお掛けいたしますが、深くお詫び申し上げますと共に、
何とぞご理解ご了承の程、宜しくお願い申し上げます。



【ギャラリー・トーク】
田所美惠子 「小穴の魔法」

そもそも針穴写真とはどんなものなのか、
その仕組みから空き缶を利用したカメラの制作〜実際の撮影まで、
日本の針穴写真の第一人者である田所さんに詳しく解説して頂きます。

針穴写真に興味をお持ちの方、これから始めてみたいとお思いの方必聴です。
その他、田所さんの10数年におよぶパリ生活の少しプライベートなお話や、
今回の撮影地ヴェネツィアとの出会い、撮影エピソードなどもお話し頂きます。

針穴写真に関する質問などもお受けする時間を設けますので、
カメラ初心者の方もふるってご参加ください。
お待ち申し上げます。


日時 / 2019年10月19日(土)19:00〜
(当日は18:00閉廊、18:30より受付開始)
参加費 / 2000円

 

mailもしくはお電話にて要予約。
mailの際はお名前・ご住所・お電話番号を明記のうえ、送信して下さい。
後日、スタッフより予約確認のmailをお送りさせて頂きます。


http://www.gallery-bauhaus.com/top.html

 

posted by gallery bauhaus | 16:26 | 田所美惠子写真展 | - | - |
カラースクロールバー