Search this site
東京・御茶ノ水の写真専門ギャラリー、gallery bauhaus(ギャラリー・バウハウス)のスタッフによるブログです。
横谷宣写真展「森話」終了いたしました
 本日をもちまして、横谷宣写真展「森話」は終了いたしました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

次回は、9月20日(金)から、宮嶋康彦写真展「Siberia 1982」を開催いたします。

1982年、当時三十一歳の宮嶋康彦がソビエト連邦最高指導者ブレジネフ死去直後の
厳寒のシベリアを取材した作品です。
モノクローム作品約40点を展示。

写真展に関する詳細はこちら
http://www.gallery-bauhaus.com/130920_miyajima.html



posted by gallery bauhaus | 19:00 | 横谷宣写真展 | - | - |
横谷宣雑誌掲載のお知らせ
好評開催中の横谷宣写真展「森話」も残すところ、3週間の会期となりました。

実際に作品をご覧になられた方から、どのようにしてこういった作品をつくっているのか、
尋ねられることの多い本展ですが、下記の二誌に横谷さんのインタビュー記事が掲載
されています。

『日本カメラ』8月号(日本カメラ社)
http://www.nippon-camera.com/monthly.php
『CAMERA magazine』8月号(判佝納)
http://www.sideriver.com/ec/products/detail.php?product_id=17975

本日7/20(土)発売です。

『日本カメラ』では、毎号様々な写真家が取り上げられる「PHOTO&PEOPLE」という
インタビュー記事と合わせて、第一回目のギャラリー・トークで対談を行った
飯沢耕太郎さんの連載ページでも横谷さんについて取り上げていただいております。

『CAMERA magazine』では、数ページにわたって横谷宣「森話」について
取り上げていただきました。作品が数点大きく載っており、制作風景についても
解説付きで詳しく掲載されています。


見応えのある誌面となっております。
ぜひ、お手に取ってご覧ください。



(※以下追記しました)
7/22(月)発売の『週刊ビッグコミックスピリッツ』の「in high spirits」という巻末の
コーナーで旅行作家の蔵前仁一さんが横谷宣さんについて紹介しています。

『週刊ビッグコミックスピリッツ』No.34(小学館)
http://spi-net.jp/this_week/index.html

ぜひご覧ください。

posted by gallery bauhaus | 11:56 | 横谷宣写真展 | - | - |
ギャラリー・トークへのご参加ありがとうございました


◆先週は二日間に渡り、横谷宣さんのギャラリー・トークへのご参加、ありがとう
ございました。

一日目は写真評論家の飯沢耕太郎さんと、二日目は作家・翻訳家の田中真知さんと
印画紙やプリント制作、ご自身の制作現場や過程について、たくさん語っていただき
ました。

ご予約多数で残念ながらご参加いただけなかった方、田中真知さんのブログに、
当日スライド上映された制作の現場が垣間見える貴重な写真や質疑応答についても
一部載っています。ご覧ください。

田中真知さんのブログ「王様の耳そうじ」
http://earclean.cocolog-nifty.com/blog/2013/06/post-9893.html


田中真知さんの著書を入荷しています。

『孤独な鳥はやさしくうたう』
「それは地上の存在を無条件に肯定しようというまなざしだった。」
横谷宣氏との邂逅を綴ったエッセイ「十年目の写真」収録。横谷氏は放浪の旅で
何を見つめ、そして何を撮ろうとしていたのか。(旅行人刊)

『美しいをさがす旅にでよう』
人はどんなときに「美しい」と感じてきたのか、なにを美しいととらえてきたのか。
それは地域や時代によってどのようにちがっているのか。美のカタチから世界を
見渡すガイドブック。(白水社刊)

ぜひ、1階SHOPにてお買い求めください。



◆ご好評につき、ギャラリー・トーク第三弾の開催が決定しました!

「旅する絨毯」
横谷宣×田中真知(作家・翻訳家)×小松義夫(写真家)

田中真知氏はエジプトに8年間滞在後、アフリカ、中東各地を取材。昨年秋には
20年ぶりにコンゴ河1700kmを丸木舟で下る旅をしました。
小松義夫氏はライフ・ワークともいえる「世界の家」の撮影のため、辺境の地を
含め100を超える世界各国を精力的に旅しています。
魔法の絨毯に乗って世界を旅する三人のそれぞれの旅を語っていただく一夜です。

日 時 / 2013年7月26日(金) 19:00〜(当日は18:00閉廊)
参加費 / 2,000円

ご予約はメールかお電話にてお待ちしております。

詳細はこちら
http://www.gallery-bauhaus.com/130605_yokotani.html

posted by gallery bauhaus | 15:42 | 横谷宣写真展 | - | - |
横谷宣写真展「森話」


6/5(水)より、横谷宣写真展「森話」が始まりました。
弊廊での「黙想録」以来、4年ぶり2度目の個展となります。
作家による作品や制作についての話を聞くことができるギャラリー・トークも
関連イベントとして予定されておりますので、ご確認ください。


横谷宣写真展「森話」

会 期 / 2013年6月5日(水)〜8月10日(土)
時 間 / 11:00〜19:00
休 廊 / 日・月・祝 
入場料 / 無料

2009年の個展「黙想録」が大きな話題を呼んだ横谷宣の4年ぶりの写真展です。
アジアの遺跡群で撮影された森を、自作のレンズと独自のプリント・ワークで
表現した作品です。

<同時開催>
「黙想録」 一階展示室
ご要望の多い「黙想録」展の作品の一部を再展示いたします。
*前回「黙想録」(2009)時のブログはこちら
 http://blog.gallery-bauhaus.com/?cid=58401

モノクローム(ゼラチン・シルバー・プリントにカルバミド調色)作品全45点を展示。


◆ギャラリー・トーク◆

【第一回】横谷宣×飯沢耕太郎(写真評論家)
「森話」展に合わせて、飯沢耕太郎氏と対談を行います。
日 時 / 2013年6月21日(金) 19:00〜(当日は18:00閉廊)
参加費 / 2,000円

【第二回】横谷宣×田中真知(作家・翻訳家)
自作印画紙とプリント制作について語ります。
聞き手 / 田中真知(作家・翻訳家)
日 時 / 2013年6月22日(土) 19:00〜(当日は18:00閉廊)
参加費 / 2,000円

ご予約はお電話かメールにて受け付けております。
 


*作品の販売に関しまして、展示作品はすべて12枚限定エディションとなって
おりますが、DMでもお伝えしていました通り、本展での販売は展示品1点のみと
させていただいております。
何卒ご了承ください。


詳細はこちら
http://www.gallery-bauhaus.com/130605_yokotani.html


posted by gallery bauhaus | 19:00 | 横谷宣写真展 | - | - |
横谷宣写真展 終了致しました。
こんにちは パクッ gallery bauhausスタッフの溝口です。

本日をもちまして、横谷宣写真展 「黙想録」 カメラ は終了となりました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

次回は3月3日(火)から、秋元茂写真展 「CRYSTALLOGRAPHY(結晶学)」 カメラ
開催致します。

また、写真展に合わせて 秋元茂×大西成明対談 よつばのクローバー を開催致します。
詳細はこちらまで GO!

いつもは会期と会期の間に1週間程度の小さなお休みを頂くのですが、
今回はすぐ、来週から新しい展示会が始まります。準備に大わらわ。
赤×ピンクのガーデンシクラメンを目印に、bauhausへとお出掛け下さい ソフトクリーム
posted by gallery bauhaus | 19:00 | 横谷宣写真展 | - | - |
横谷宣写真展 残り1週間となりました。
こんにちは パクッ gallery bauhausスタッフの溝口です。

早いもので、横谷宣写真展 「黙想録」 カメラ も、残すところあと1週間となりました。
寒い時節の開催にも関わらず、たくさんの方のご来場を頂き、誠にありがとうご
ざいます ゆき



↑ 3冊目に突入した芳名帳。bauhaus開設以来の最高記録達成です 王冠

横谷宣写真展 「黙想録」 カメラ は2月28日(土)までとなっております。
まだご覧になっていない方、ぜひ一度お越し下さい 路線バス
posted by gallery bauhaus | 12:00 | 横谷宣写真展 | - | - |
横谷宣と語る会 開催決定!!
こんにちは パクッ gallery bauhausスタッフの溝口です。

横谷宣写真展 「黙想録」 カメラ 3週目の土曜日です。

今日はイベントのご案内をさせて頂きます 赤い旗

横谷宣と語る会 壁掛時計

日 時 / 2009年2月14日(土) 18:00〜
場 所 / gallery bauhaus
      JR 御茶ノ水駅(東京メトロ 新御茶ノ水駅)下車 徒歩6分
参加費 / 2000円(税込)

「16日の対談は都合が悪くて参加できなかった…」 ポロリ
「対談には参加したけれど、まだまだ聞き足りないっ!!」 モゴモゴ
「写真の話も良いけれど…もっと旅の話を聞いてみたいな」 ポッ

そんな皆さんのご要望にお応えして、横谷宣と語る会 壁掛時計 を開催致します。
横谷氏と親交の深い旅行作家の田中真知氏をパートナーにお迎えし、横谷氏
と参加者の皆さんが自由に語り合える会にしたいと思います。
対談では聞けなかった撮影の裏話や、旅先での面白エピソードなどが聞ける
かも!? お楽しみに。

語る会に関する詳細・ご予約はこちら GO!
http://www.gallery-bauhaus.com/katarukai-090214_yokotani.html

たくさんのご参加をお待ちしております 靴
posted by gallery bauhaus | 12:05 | 横谷宣写真展 | - | - |
横谷宣×飯沢耕太郎対談
こんにちは パクッ gallery bauhausスタッフの溝口です。

本日19時よりギャラリー地階にて、横谷宣×飯沢耕太郎対談 よつばのクローバー が開催されました。

古代の風を感じる遺跡群、砂漠、戦場、難民キャンプ。カメラと寝袋だけを携え、
世界中のどこへでも行ってしまう横谷氏。その放浪記は、耳朶をきゅっと掴まれ
たかと思うと、次の瞬間にはぐいと一気に底まで引き込まれしまう、とても魅力的
なものでした。
中でも、横谷氏の言った「物じゃなく、きれいな光を撮りたいんです」という言葉が
すごく印象的で、横谷氏の作品に感じられる、宗教画のような神々しさの理由が、
少しだけ分かったような気がしました。
余計なものを削ぎ落としてゆくと、世界はこういう風に見えるのかもしれない。
そしてそれが、私たちには見ることのできない、世界の本当の姿なのかもしれな
い、そう思いました。



↑ 旅行作家・田中真知氏の著書 『孤独な鳥はやさしくうたう』 本
  「十年目の写真」の中で、横谷氏について触れています。
  初めて会ったとき、横谷氏はまるでテロリストのようだったとか。笑

たくさんのご参加を頂き、誠にありがとうございました 凧
posted by gallery bauhaus | 21:00 | 横谷宣写真展 | - | - |
横谷宣写真展「黙想録」
明けましておめでとうございます 鏡もち gallery bauhausスタッフの溝口です。

本日より、横谷宣写真展 「黙想録」 カメラ が始まりました!!

©Sen Yokotani

あてのない放浪の旅の中で行き着いた砂漠、雪山、戦場、難民キャンプ、修道
院…心静かにそれらと向かい合ったとき、ファインダー越しに横谷氏が見たもの
とは。未だかつて見たことのない世界の広がりを、お楽しみ下さい。

また、来る1月16日(金)19:00より 横谷宣×飯沢耕太郎対談 よつばのクローバー が開催されます。
会期前よりたくさんのご予約を頂き、誠にありがとうございます。
多数の参加が見込まれます。参加ご希望の方、ご予約はお早めに。

写真展に関するお問い合わせはこちらまで GO!
TEL:03-5294-2566
E-mail:info@gallery-bauhaus.com
私、溝口が承ります。
posted by gallery bauhaus | 11:00 | 横谷宣写真展 | - | - |
カラースクロールバー