Search this site
東京・御茶ノ水の写真専門ギャラリー、gallery bauhaus(ギャラリー・バウハウス)のスタッフによるブログです。
【入荷のお知らせ】中川隆司写真集「Border Line」6シリーズ
皆様 こんにちは。
今日は、11/20からの小瀧達郎写真展「Jardin d' Hiver 冬の庭で」開催に合わせて入荷致しました写真集のご紹介。

お待たせ致しました!
中川隆司写真集「Border Line」6シリーズを入荷致しました!!

中川氏が5年間かけて、独りアメリカ南西部を撮影した「Border Line」シリーズは
ファンが多く完売した後もお問い合わせを頂いておりました。
以前は、ARIZONA/UTAH/COLORADO/CALIFORNIAの4シリーズのみのお取り扱いでしたが
今回は、NEW MEXICO/NEVADAを加えて6シリーズお取り扱いさせて頂く事に。

とてもハードな旅での撮影、
それに加えてご本人によるALLハンドメイドによる写真集・・・破格です。
価値のわかるお客様が飛びつき探されるのは納得です。

早い者勝ちです。お急ぎくださいませ。



 
posted by gallery bauhaus | 16:45 | 中川隆司写真展 | - | - |
中川隆司写真展 終了致しました。
こんにちは パクッ gallery bauhausスタッフの溝口です。

本日をもちまして、中川隆司写真展 「On The Road」 カメラ は終了となりました。
たくさんのご来場ありがとうございました。

次回は10月20日(火)から、小瀧達郎写真展 「VISIONS OF UK」英国に就い
カメラ を開催致します。
ブライトン・ビーチでたむろするスキンヘッズの若者たちなど、1980年から90年代
にかけて英国で撮影されたモノクロ作品を展示する 「VISIONS OF UK」英国
に就いて
を地階にて、1980年代後半から90年代にかけてサブ・カルチャーを席
巻した雑誌、『マリ・クレール』の誌面を飾ったカラー・モノクロ作品を展示する 「90
年代マリ・クレールとその時代」
を1階にて同時に開催する、豪華な写真展と
なっております。

また、写真展に合わせて 海野弘×飯沢耕太郎×小瀧達郎鼎談 よつばのクローバー を開催
致します。
詳細はこちらまで GO!

bauhausに勤務するようになって、今年の冬で丸2年になるわたしですが、昨年暮
れの2周年記念展で数点を見ただけで、実はオーナーの写真をちゃんと?見た
ことがなかったりします。なので、今回の展示会は本当に楽しみです**
いつもより会期も少し長めとなっておりますので、1度といわず、2度3度とおでか
け下さい。たくさんのご来場お待ちしております 靴
posted by gallery bauhaus | 19:00 | 中川隆司写真展 | - | - |
中川隆司写真展 残り1週間となりました。
こんにちは パクッ gallery bauhausスタッフの溝口です。

早いもので、中川隆司写真展 「On The Road」 カメラ も、残すところあと1週間と
なりました。
大型カメラがお好きな方、アメリカ南西部がお好きな方、一人旅がお好きな方な
ど、たくさんの方のご来場頂き、誠にありがとうございます 赤りんご青りんご

僅かに残っていた夏の余韻を、凶暴な台風がすっかり吹き飛ばしてしまいました。
朝晩はだいぶ冷え込むようになりましたね。掛け布団1枚では薄ら寒いです。
ふと気がつくと、入口脇の植木に小さな赤い実がわんさか。秋、な感じ。



↑ 千両? 南天? それともサンザシかなー(・・?)

中川隆司写真展 「On The Road」 カメラ は、10月17日(土)までとなっております。
まだご覧になっていない方、ぜひ一度お越し下さい 路線バス
posted by gallery bauhaus | 12:00 | 中川隆司写真展 | - | - |
中川隆司×中川五郎対談
こんにちは パクッ gallery bauhausスタッフの溝口です。

本日19時よりギャラリー地階にて、中川隆司×中川五郎対談 よつばのクローバー が開催され
ました。

きのこブルー

大きなカメラで大きな風景を撮りたい。
中川氏が選んだのは乾燥した大地が広がるアメリカ南西部。
On The Roadな出会いを求めて、8×10の大型カメラを積んだレンタカーを走らせ
る。気ままな一人旅かと思いきや、そのスケジュールは1つの州を約1週間でまわ
るというハードなもの。さらに"現地での現像"にこだわり、夜はモーテルのバスル
ームで暗室作業に勤しむ。
強風でカメラが倒れレンズを破損したり、前を行くトラックの弾き飛ばした石がフ
ロントガラスに突き刺さったり、不審者に間違われて通報されたり……そんなアク
シデントは日常茶飯事。それでも「良いものに出会える」という確かな予感を胸に
旅をつづけ、写欲の赴くままシャッターを切る。
大きなカメラを担いだ小柄な東洋人は、それだけで十分に人を惹きつける為、被
写体には事欠かないという。広大な風景の合間に登場する人々は皆、どこかユニ
ークな人たちばかりだ。
8×10にこだわる理由として中川氏は、その存在感とそこに附随するコミュニケー
ションの必然を挙げる。
「僕ね、大変なことが好きなんですよ。大変なことの先に何かがあるかも、と思う」
今回の写真展で展示されている作品は、その「何か」のほんの一部なのだろう。

きのこレッド

話し上手の中川隆司氏。引き出し上手の中川五郎氏。対談は終始笑いのたえな
い楽しいものとなりました。
1つ1つの作品にまつわる苦労話や面白エピソードを聞くことができ、大満足の一
夜でした。

©Takashi Nakagawa

↑ 勝手にお墓だと思い込んでいたこれ……モニュメントなのだそうです。

たくさんのご参加を頂き、誠にありがとうございました さくらんぼ
posted by gallery bauhaus | 21:00 | 中川隆司写真展 | - | - |
中川隆司写真展「On The Road」
お久しぶりです パクッ gallery bauhausスタッフの溝口です。
夏眠から覚めたばかりで、頭がもわわっとしております フガー プシュー フガー

本日より、中川隆司写真展 「On The Road」 カメラが始まりました!!

©Takashi Nakagawa

遠くに連なる山々、飛沫をあげてうねる海。トラクターやキャンピングカーが行き交
うハイウェイ、空へと伸びる巨大なサボテン。
アメリカ南西部の乾いた風を感じられる作品が、狭く混み入った日本(くに)から広
大な大地へと、わたしたちの心を旅させてくれます。

また来る9月25日(金)19:00より、 中川隆司×中川五郎対談 よつばのクローバー が開催されます。
会期前よりたくさんのご予約を頂き、誠にありがとうございます。
多数の参加が見込まれます。参加ご希望の方、ご予約はお早めに。

写真展に関するお問い合わせはこちらまで GO!
TEL:03-5294-2566
E-mail:info@gallery-bauhaus.com
私、溝口が承ります。
posted by gallery bauhaus | 11:00 | 中川隆司写真展 | - | - |
カラースクロールバー