Search this site
東京・御茶ノ水の写真専門ギャラリー、gallery bauhaus(ギャラリー・バウハウス)のスタッフによるブログです。
奈良原一高写真展、始まっております!

先週の5/8より「gallery bauhaus 2019ヴェネツィア年」の第一弾として、

奈良原一高写真展「ヴェネツィアの夜」が始まりました。

開催前から「楽しみ」とのお声を沢山頂いておりましたこちらの展覧会、

すでにお越し頂いたお客様達から、感動の声が上がっています。

 

奈良原一高自身がプリントした作品の美しさに、ただただ驚かれる方、

作品を全て見終わった後に、「もう一周して来ます!」と入口に戻られる方、

有料展にも関わらず、「絶対にまた来ます!」と宣言して帰られる方。

 

まだ始まったばかりですが、本当に素晴らしい展覧会だと確信しております。

奈良原さんの作品を目当てに、今回初めてbauhausを

訪れて下さる方も多く、とても嬉しく思います。

写真集も沢山ご用意させて頂いております。

他で手に入れるよりも状態が良く、価格がお求め安いもの、

現在bauhausでしか手に入らないレア物などもございますので、

奈良原さんファンの方は是非このチャンスをお見逃し無く!

沢山のご来廊、心よりお待ちしております。

奈良原一高写真展「ヴェネツィアの夜」より

1983年プリント

 

gallery bauhausのヴェネツイア展は、

この後、9/3から田所美恵子「針穴のヴェネツイア」

11/20から小瀧達郎「Labyrinth 水の迷宮」と続きます。

3人の写真家の目に映ったヴェネツイアを、どうぞお楽しみ下さい!

posted by gallery bauhaus | 15:04 | 奈良原一高写真展 | - | - |
次回 奈良原一高写真展「ヴェネツィアの夜」のお知らせ

2/13(水)より開催しておりました

新山清写真展『VINTAGE』

本日が最終日です!

いつも通り19時まで営業しておりますので、是非お越し下さい。

新山洋一氏も15:00〜在廊予定です。

 

次回展示のお知らせをさせて頂きます。

5/8(水)よりgallery bauhaus『2019ヴェネツィア年』Vol.1
奈良原一高写真展「ヴェネツィアの夜」
を開催致します。

奈良原一高は1931年福岡生まれ。

早稲田大学大学院在学中の1956年、初の個展「人間の土地」で

写真家として鮮烈なデビューを果たしました。

以来、多数の展覧会や出版などで名作を世に送り出してきました。

今回の展覧会「ヴェネツィアの夜」は1973 〜1983年にかけて撮影されたもので、

1985年には岩波書店から写真集『ヴェネツィアの夜』が出版されました。

本書のなかで、奈良原はヴェネツィアの印象を以下のように記しています。

 

―はじめに闇があった。

そして、その闇の時間のかなたから、街は不意に立ち現れた。

ヴェネツィアをはじめて訪れた夜のことである。

船のへさきにしつらえたヘッドライトに照らされて、黒い水の上に屹立する街並みの壁が

次から次へと姿を現した時の衝撃は忘れることが出来ない。

「これがヴェネツィアなのか、水上の街というより、水の中から生まれた街ではないか、
まるで東洋の魔術師が一夜にして闇の手の内から取り出してみせた都ではないか」。

僕はこのときからヴェネツィアに恋をしてしまった。

 

モノクローム(ゼラチン・シルバー・プリント)、カラー作品33点を展示。

 

詳細はこちら

http://www.gallery-bauhaus.com/190508_narahara.html

たくさんのご来廊心よりお待ちしております。

 

 

2019/4/28(日)〜5/7(火)

GWのお休みとさせて頂きます。

この間のお問い合わせはinfo@gallery-bauhaus.com にてお願い致します。

posted by gallery bauhaus | 00:00 | 奈良原一高写真展 | - | - |
カラースクロールバー