Search this site
東京・御茶ノ水の写真専門ギャラリー、gallery bauhaus(ギャラリー・バウハウス)のスタッフによるブログです。
<< 【入荷のお知らせ】田中長徳著「佃日記 2001-2003」・吉村朗写真集「Akira Yoshimura Works」 | TOP | 次回 小瀧達郎写真展「Jardin d' Hiver 冬の庭で」開催のお知らせ >>
曲線美と直線美  〜コウムラ シュウ写真展「ガウディ夜想」〜
皆様、こんにちは。
早いもので、9月より開催しておりますコウムラ シュウ写真展も
残り2週間となりました。

本日は「曲線と直線」をテーマに作品を眺めてみたいと思います。

柔らかい曲線的なもの、シャープな直線的なもの、
皆さんはどちらがお好み・気分でしょうか?

以前の私は、つくるモノ・身に着けるモノ・眺めるモノ全て曲線的なモノを好みましたが
今はすっかり逆に。
アールヌーヴォーよりもアールデコ、
丸より四角・・・。

ガウディ建築も1900年頃を境に
前期・直線を感じられるモノと
後期・曲線を強く感じる独創的なモノに分かれます。
DMに使用された「ガウディ夜想」メイン作品は
今回の展示で唯一の前期建築。
ムデハル様式(イスラム教建築様式×キリスト教建築様式の融合からなるスペイン建築様式)で、
細部には後期ガウディを思わせる植物的曲線的装飾、
個人的にカサ・ビセンスと並び好きな建築です。

ガウディといえば後期の独創的建築イメージをお持ちの方が多いと思います。
DMを手に取られた際に感じられた新鮮さはそこにも原因があるかもしれませんね。

コウムラ氏による視線で捉えた
優雅な曲線美、ゴシックをも感じる力強い直線美、
どちらもお楽しみ頂ける展示は、11/14(土)までの開催です。
お急ぎ下さいませ。






 
posted by gallery bauhaus | 16:55 | コウムラシュウ写真展 | - | - |
カラースクロールバー